人物画研究会

2019年9月度 人物画研究会報告

今月はクロッキーの月。いつもの通りベテランのモデルさんが場をつくってくれ、またポーズも流れのあるものが多く、描くのに力が入った。クロッキーは描く道具(コンテ、鉛筆など)と用紙との相性で線の表現が違ってくる。自分なりに研究が必要とおもいます。

(建脇 勉・記)

・「人物画研究会報告」PDFへ

2019年8月度 人物画研究会報告

今月は、先月と同一固定ポーズで、モデルさん推奨の着衣である。着衣はヌードに比べ複雑な質感や陰影など丁寧さが要求され、時間がかかるが、時間一杯みな頑張った。描いた後のコーヒーは疲れをいやしてくれた。

建脇 勉

・「人物画研究会報告」PDFへ

2019年6月度 人物画研究会報告

今月はクロッキーの月。いつものベテランモデルさんで、参加者との会話が進みリラックスした雰囲気の中で行われた。10分ポーズから始め5分で終わるが、5分ポーズでは、美しい体の流れが明確なポーズを数多くとってくれ、ムーブマンの勉強になった。作品をご覧ください。

(建脇 勉・記)

・「人物画研究会報告」PDFへ

2019年4月・5月度 人物画研究会報告

 4月、5月は、同一固定ポーズでしっかり描くことにしている。シャンソン歌手でもあるモデルさんと相談し着衣とした。すばらしい衣裳で戸惑うくらいだ。各人、着色した個性ある良い作品が描かれ、大変勉強になった。

(建脇 勉・記)

・「人物画研究会報告」PDFへ

2019年3月度 人物画研究会報告

 今月はクロッキーの月でした。
今回もモデルさんのお陰で、うちとけた和やかな雰囲気の中で参加者は沢山のクロッキーを描いた。
すばらしいポーズがいくつもあって、皆真剣に挑戦した。
合評会を行い上出来の作品を選んだ。
疲れた体に終了後のコーヒーはうまかった。

(建脇 勉・記)

・「人物画研究会報告」PDFへ

2019年1月・2月度 人物画研究会報告

好天に恵まれた2月25日、2回目の固定ポーズの例会に7名が参加しました。
モデルさんの美しいポーズを描いて、それぞれのメンバーが個性的な良い作品を仕上げました。どうぞ、作品をご覧ください。
来月(3月)からモデルさんが変わって、3月はクロッキーの月になります。どうぞ、大勢の参加を期待します。

(喜田祐三・記)

・「人物画研究会報告」PDFへ

2018年12月度 人物画研究会報告

 今月はクロッキーの月。ベテランのモデルさんは、おとなしいポーズをとってくれ、なごやかな雰囲気をつくってくれた。モデルさんとの対話もあって、皆と一体となって描いた。率直な作品が多数でき勉強になった。

(建脇 勉・記)

・「人物画研究会報告」PDFへ

2018年11月度 人物画研究会報告

11月26日(月)7名のメンバーで固定ポーズを仕上げた。
個性豊かな作品が出来上がった。
モデルさんの醸し出す雰囲気をそれぞれの個性で表現できたと思う。
作品を鑑賞下さい。

(文責:喜田祐三)

・「人物画研究会報告」PDFへ

2018年9月度 人物画研究会報告

今月、9月はクロッキーの月です。10月、11月は同じモデルさんで固定ポーズをデッサンします。
ベテランのモデルさんで体の豊かさがすばらしく、クロッキーも固定コーズも描きやすく、魅力的だ。
ポーズをとると、動線が明確で美しく描きやすい。
今月も合評会では各人の特徴ある作品が多数選ばれた。

(建脇 勉・記)

・「人物画研究会報告」PDFへ

2018年8月度 人物画研究会報告

先月に続いて、同じ固定ポーズで今月完成させる。
ベテランのモデルはなごやかな雰囲気をつくってくれる。皆真剣に取り組み、各人自分の思いを画紙にぶつけていた。
個性的な作品がたくさん描けて有意義なデッサン会であった。

(建脇 勉・記)

・「人物画研究会報告」PDFへ

2018年6月度 人物画研究会報告

6月25日(月)6月度の人物画研究会を行った。
今月はクロッキーの月で、10分ポーズから始め最後は5分ポーズの計29枚描いた。
「手」はヌードクロッキーのキーポイントの一つだが、ベテランモデルさんのこなれたポーズに「手と指」が生きていた。
8人の参加者であったが、アトリエはまだ広く参加者増を願っている。
ここでは100円コーヒーが頂けるが疲労した後の一杯は特にうまかった。

(建脇 勉・記)

・「人物画研究会報告」PDFへ

2018年5月度 人物画研究会報告

4月に引き続き同一固定ポーズで完成させる。複数枚描いた方が多いが、作品は丁寧に描いたほうが勉強になる。椅子に掛けて左手を頭上にもっていくポーズで、モデルさんとしては腕がしびれ多少無理だったようだが綺麗なポーズだった。なごやかな雰囲気にしてもらいベテランモデルさんだった。

(建脇 勉・記)

・「人物画研究会報告」PDFへ

2018年3月度 人物画研究会報告

今月はクロッキーの月。10分ポーズより始め、最後は5分で終えて合計19枚描いた。モデルさんは細身スタイルで、実にクロッキーポーズのとりかた上手な方である。椅子や台の角をうまく使ってダイナミックで張りのあるポーズをとる。身体の力強い線が何とも美しい。大変勉強になった一日であった。

(建脇 勉・記)

・「人物画研究会報告」PDFへ

2018年1月・2月度「人物画研究会」報告

1月22日は大雪のため参加者は5名、2月26日は6名の参加で固定ポーズを仕上げた。モデルさんのポーズがとても美しく、描きやすかった。
1月と2月は同じ固定ポーズであったが、角度やコンセプトを変えて2点完成させたメンバーもいた。今回は描き上げたすべての作品を掲載したいと思う。
いつもそうであるが、制作中は参加者の集中力で会場の空気がピーンと張り詰めたような緊張感が心地よい。立派な作品が描けたと思う。

(喜田祐三・記)

・「人物画研究会報告」PDFへ

2017年12月度 人物画研究会報告

今月はモデルさんが変わって、クロッキーである。モデルさんの落ち着いた人柄で、なごやかな雰囲気の中、自由なポーズをとってもらった。
クロッキーにふさわしい素晴らしいポーズが次々にだされ、出席メンバーは真剣に描き、大いに勉強になった。(全部で18ポーズであった)
終了後、合評会をし、コーヒーでくつろいだ。
作品をどうかご覧ください。

(建脇 勉:記)

・「人物画研究会報告」PDFへ

2017年11月度 人物画研究会報告

10月は台風のため中止したので、今回は固定ポーズを1回で完成させることとした。
立ちポーズで勉強することとし、画面全体に空間が広まるので、この処理が難しい。
結果、やはり各人苦労されたが、多様な色彩で成果が得られ、大いに勉強になった。

(建脇 勉・記)

・「人物画研究会報告」PDFへ

2017年9月度 人物画研究会報告

去る、9月25日(月)銀座3丁目の「美術家連盟」アトリエに10名のメンバーが集まり、鉛筆デッサン、クロッキーを勉強しました。
プロのモデルさんだけあって、一つ一つのポーズは私たちに鉛筆を走らせるエネルギーを与えてくれたようです。
10名がそれぞれ、複数点のデッサンを仕上げました。なかなか、良い作品ができました。

(文責:喜田祐三)

・「人物画研究会報告」PDFへ

2017年7・8月度 人物画研究会報告

長年使った「サン&サン」クラブから場所を銀座3丁目の「美術家協会・アトリエ」に移して、7月から心機一転再スタートしました。銀座の「美術家協会・アトリエ」は本格的なアトリエである。出席人数は10名。
7、8月と同一固定ポーズで「寝ポーズ」を描いた。寝ポーズは描く方向で難しいこともあるが、かえって面白い構図になることもある。
モデルさんはこのアトリエに古くから出入りしていて良く知っていて準備がスムースであった。
合評会では素晴らしい作品が提示され、有意義な勉強になった。

(建脇 勉・記)

9月度「人物画研究会」の予告

●日程は9月25日(月)午後1時15分~
●会場は、銀座3丁目「美術家協会・アトリエ」7階
●9月はクロッキーである。
●参加費は2,000円

・「人物画研究会報告」PDFへ

2017年6月度 人物画研究会報告

6月15日(木)、午後1時から「サン&サン」倶楽部で行われた。
今月はクロッキーの月である。
モデルさんの人柄のせいか、すぐに会場が和んだ空気となった。
最初、10分からはじめて、次に7分間隔でクロッキーを続けた。
立ちポーズ、寝ポーズが美しく、特に手や足の形のとりかたが素晴らしかった。
今回でこの会場は終わりになる。
来月からは銀座に移るので、モデル台の移動のためデッサン会は3時で終了した。
何やら、何年も、お世話になった「サン&サン」倶楽部が名残惜しい気がした。

(建脇 勉・記)

・「人物画研究会報告」PDFへ

2017年5月度 人物画研究会報告

今月(5月18日)は先月と同一固定ポーズを引き続き描き、完成させる月である。
9名の会員が参加しました。
着衣で、モデルさんが準備された三線と赤い着物で色々と工夫発案され、すばらしい沖縄風の空気をもちこんで頂いた。
一般に、モデルさんと一体となって描くことが技術のレベルアップには大切とされているが、今回も大変良い経験をさせてもらった。参加者9名の作品は、個性的なものが多かった。どうぞ、ご覧ください。

(文責:建脇 勉)

・「人物画研究会報告」PDFへ

2017年3月度 人物画研究会報告

今月はクロッキーの月。11名のメンバーが集まって、10分ポーズからはじめ、あとは5分で描きました。
クロッキーポーズのすばらしいモデルさんで、さすがにベテランです。
途中、持参してくれた着物で着衣ポーズもとってくれ、多彩な作品を描くことができました。大変勉強になった会でした。

建脇 勉  記

・「人物画研究会報告」PDFへ

2017年2月度 人物画研究会報告

1月に続いて2月も同一固定ポーズで描いた。参加者12人で盛会であった。
モデルさんの落ち着いた空気が全体に緊張感を生み全員真剣に描いた。
今回だけで完成させる方も多く、内容もすばらしく個性的な作品ができた。
色のあざやかな作品、フォルムのシャープな作品など各々勉強になった。

建脇 勉  記

・「人物画研究会報告」PDFへ

2016年12月度 人物画研究会報告

今月はクロッキーの月です。参加者は8人でした。
10分間を2回から始め、次に7分、7分、6分を3回の後、5分間を10回で進め、合計15ポーズを私は19枚描きました。皆さんも沢山、お描きになっていました。
終わりの5分は特に部分描写の勉強と思っています。全員個性を生かした描き方が出来ています。用具も鉛筆やコンテ、ドローイングインク等多様に使用され面白い作品が多かったと思います。毎月、良い勉強になっていると思います。
今回参加の8名の作品(各1枚)をご覧ください。

建脇 勉  記

・「人物画研究会報告」PDFへ

2016年11月度 人物画研究会報告

先月と今月と2回で同一固定ポーズを描いた。
ポーズは腰を床におろし、ほぼ正面を向いた姿勢で豊かな体躯の胸のフォルムが美しい。ベテランモデルだけあって描いている我々の方にも配慮され、真剣な空気の中で制作された。
その結果、素晴らしい個性的な作品が多数完成し、全員の合評会で高く評価された。

建脇 勉  記

・「人物画研究会報告」PDFへ

2016年9月度 人物画研究会報告

今月はクロッキーの月にあたる。ベテランのモデルさんなので、クロッキーに相応しいポーズを連続してとってくれた。身体全体を一直線にのばし、手、足がピンとして美しかった。
参加者11人(新人1名)で個性的な作品ができた。PDFをご参照ください。

建脇 勉  記

・「人物画研究会報告」PDFへ

2016年8月度 人物画研究会報告

台風7号の猛暑、豪雨予報のなか8人が集まって、前月と同一固定ポーズの2回目デッサンを行なった。また新人が一人加わった。
ジーンズのショートパンツを履いたモデルさんは肌色との調和が良く美しいポーズである。完成作品の合評会ではボデーの色調、明暗と背景との調和について意見交換があり、総じて良い作品ができた。

建脇 勉  記

・「人物画研究会報告」PDFへ

2016年6月度 人物画研究会報告

今月はクロッキーの月です。固定ポーズを2回、続けた後の月をクロッキーの月としています。
始めは10分2回、続けて手をならした後、7分7分6分と3回に分けて描きます。
最後は5分を4回、とり入れました。
描くべき箇所はきちんと描き、時間の足りない分は省略することを意識して勉強しました。モデルさんのクロッキーポーズはすばらしく、洗練されていて、手、指先、足先まで神経が行き届いていています。描く私たちも刺激をうけ勉強になりました。
今月は6人の参加でしたが、各人、軽快な作品もできて楽しい勉強となりました。
作品はPDFで展示いたしますのでご覧ください。

文責:建脇 勉

・「人物画研究会報告」PDFへ

2016年4月度・5月度・人物画研究会報告

4,5月は同一固定ポーズで、2回で完成させるとしていたが、各自フリーにその日で完成させたり、着色せずにデッサンだけにしたりしている。
しばらく裸婦デッサンを、続けていたので、今回は皆の意見で着衣とした。
着衣も民族衣装など色々あるが、普段着のジーパンスタイルをイメージして、モデルさんにお願いしたところ、驚いたことにトランク一杯に衣装を持ってこられ、どれでもよいとのこと。
さすがに長年のベテランだ。結局、緑系のものを選び、上手にコーディネートしてくれた。
着衣は裸より難しく、描くのに時間もかかる。椅子に手をかけた立ちポーズとし、きりっとした雰囲気のなか、全員真剣に描いた。
完成後の合評会では丁寧な作品や個性的な多様な作品が見られた。
参加者は10名でした。

文責:建脇 勉

・「人物画研究会報告」PDFへ

2016年3月 人物画研究会報告

3月はクロッキーの月である。最初10分で手をならし、その後7分として短縮し進める。結果16枚描いた。ベテランのモデルさんだけあってポーズはクロッキーにふさわしく、動きがあった。特に、たまたま部屋の隅に置いてあったアルミの脚立を持ち出し、寄りかかつたり、上にねそべつたりして迫力のあるポーズをとってくれた。終了後合評会で各人一枚を選び写真とした。(建脇 勉)

・「人物画研究会報告」PDFへ

2016年2月 人物画研究会報告

先月と今月の2回で同一固定ポーズをデッサンした。床上に脚を曲げた座りポーズで、肩から脚への流れが美しい。ベテランのモデルさんなので、優しい雰囲気を作ってくれた。完成後、全員で合評会を行ったが、重厚な作品や軽妙な作品まで多彩なが出来上がった。
参加者は金川敏夫さん、若狭孝治さん、建脇 勉さん、福室 正さん、恩田 博さん、井出勝彦さん、藤本元明さん、鈴木建雄さん、中尾 寛さんお9名だった。(建脇 勉、 井出勝彦 記)

・「人物画研究会報告」PDFへ

第62回(1月)人物画研究会報告

人物画研究会

同一モデルさんで12月のクロッキーにつづいて、1月2月の2回で固定ポーズをデッサンした。
着用していたジーパンをそのままで、上のみとってもらいセミヌードとした。
モデルさんの人柄からくるものか、柔らかな雰囲気がでて全員真剣に取り組んだ。
完成後、合評会を行ったが、すばらしい作品ができた。
建脇 勉

第61回(12月)人物画研究会報告

人物画研究会

今回もポーズのとりかたが上手なモデルさんだった。椅子に座ったポーズでは手、足の流れ、指先が美しい。また、壁にむかって立つ姿も良かった。
クロッキーの紙サイズは大きめのA3サイズ位がのびのびと勢いのある線がでて描きやすい。また、道具はドローイングインクで竹ペンや筆で描くのが線の強弱が表現できて気分が良い。今回も全員で合評会を行いおいしいコーヒーを頂いて解散した。
建脇 勉

第60回(10月・11月)人物画研究会報告

人物画研究会

先月に引続き同じポーズで、しっかりデッサンする。床に腰をおろし足を曲げたポーズで、立体感があり美しい。モデルさんには多少きつかったようであった。完成作品を全員で合評会を行った。毎回入れて頂くコーヒーが疲れを癒してくれる。

建脇 勉

第59回(7月・8月)人物画研究会報告

人物画研究会

どんなポーズをとってもらうか。たまたま、井出幹事が参考に持参した安井曽太郎の木炭デッサンが立ちポーズであったので、ほぼ同じにしてもらった。固定ポーズは2回で丁寧に描くことにしている。レベルの高いモデルさんで安心でき部屋全体に緊張感が流れた。あとで気がついたのだが、このモデルさんの美しい部位は上半身だったので立ちポーズより腰掛た方がベターだったと反省した。全員気力を尽くして描くから疲労もする。完成したところで全員が合評会を行ったが多くの美しい作品ができた。健康的な疲労においしいコーヒーをいただいて解散した。

建脇 勉

第58回(6月)人物画研究会報告

人物画研究会

今月はクロッキーの月である。最初10分2回で手ならいをして、あとは5分のピッチで合計20枚を描いた。今回もモデルさんはさすがにベテランでポーズのとり方はすばらしかった。クロッキーは体の動き(ムーブマン)をとらえて描くのだが、この動きを見えやすいポーズをとってくれて助かる。手や関節等のキーポイントをつくってくれた。クロッキーの場が一体となって良い雰囲気であった。
終了後全員の合評会では、各人の出来の良かった作品を選んで写真に撮っている。続ける事でデッサン力は確実に向上する。会費は1500円と安価。部屋の大きさから、あと2,3人可能なので興味のある方は参加されたい。

建脇 勉

第57回(4月・5月)人物画研究会報告

人物画研究会

4月、5月と同一固定ポーズで描いた。すばらしいポーズで、3月に行ったクロッキーの時にモデルさんと相談して決めたものである。椅子に腰掛けて、頭から足先までの動線がすばらしく美しい。各人注力をつくし描き良い作品ができた。
全員で合評会を行った。集中して描いた後に頂いたコーヒーはおいしかった。

建脇 勉

第56回(3月)人物画研究会報告

人物画研究会

3月はクロッキーの月である。モデルさんはクロッキーポーズのとり方が的確で、手や足がのびのびとして動きのあるポーズが魅力であった。この中の一つを来月の固定に適用することにした。10分、5分の組合せで描き、20枚となるが結構疲労する。だが充分勉強になる。終了後、全員で合評会を行っている。

建脇 勉

第55回(2月)人物画研究会報告

人物画研究会

第53・54回(10・11月) 人物画研究会報告


人物画研究会

ベテランモデルさんのお陰で、和やかな雰囲気の中、皆、真剣に挑戦しました。
先月に続いて同じポーズですが、しっかりしたデッサンや多彩な色ものなど良い作品が完成しました。

建脇 勉

第53回 人物画研究会報告


人物画研究会

講座  7,8月人物研究会報告
7,8月の2回で完成させた。立ちポーズで、背中を描こうと斜め後ろ向きに立ってもらった。今回のモデルさんもベテランで美しいポーズだ。新人二人が加わり10名を越えた。裸婦デッサンで最も難しいのが立ちポーズと思う。全身の寸法バランスや体重のかかり具合等くるっているとすぐ違和感となる。顔の表情と同じく体の表情だからと思う。そんな中で藤本さんはすばらしい作品を描かれた。床にがっちりと立つた姿が美しく描かれている。

建脇 勉

第52回 人物画研究会報告


人物画研究会

人物画研究会 6月分講評
6月はクロッキーの月。新しく二名の参加者が加わり総勢11名で行われた。初参加者はクロッキーが未経験とのことで、ゆっくりと20分1回、10分4回で手をならしてもらいその後5分とした。今回もポーズのとりかたが上手なモデルさんで日頃検討されている事と思った。終了後全員で合評会を行ったが、初参加者もバランスのとれた良い作品が披露された。やはりポーズが良ければ力もはいるからと思う。来月の固定ポーズは同じモデルさんで、今回の中から固定でできる美しいポーズを選びたいと考えている。

建脇 勉

第51回 人物画研究会報告

画像記録:松永徹也


人物画研究会

人物画研究会 5月分講評
今回もベテランモデルさんで、セミヌードをお願いした。半透明の模様のある下着をあてがい、腰を落とし片手を頭にしたプロフェッシオナルなすばらしいポーズとなった。モデルさんやポーズが良いと描写にも力が入り、上出来の作品が多数完成した。
写りで少し黄色が強くなっているがカメラの関係です。

建脇 勉

第50回 人物画研究会報告(クロッキー)


人物画研究会

3月クロッキーについて、今回のモデルさんもすばらしい方であった。
動きのあるポーズは体全体の流れと節々のキーポイントの把握が重要と思う。

建脇 勉

第48・49回 人物画研究会報告(固定ポーズ)

第48回、第49回の今月は固定ポーズを1月2月の2回で完成させた。
ポーズは12月のクロッキーの時にモデルさんと相談して決めたすばらしいフォルムであるが、多少無理があったようでリセットしながら頑張ってもらった。
デッサンの回数を重ねるごとに各人個性的で納得する作品が出来あがってきた。(建脇 勉)

人物画研究会

第47回 人物画研究会報告(クロッキー)

12月(第47回)はクロッキーの月。すばらしいモデルさんでした。10分6回、5分
12回行ったが、各々のポーズがクロッキーに相応しく体の流れがはっきりしていて描きやすく美しい。永年プロと研鑽した成果と思われた。描く側も真剣に意識することで良い成果が得られた。年明けは同じモデルさんの固定ポーズであるが楽しみである。(建脇 勉)


人物画研究会

第45回 人物画研究会報告(固定ポーズ)

第45回(10月)第46回(11月)は固定ポーズとして、携帯を操作しているポーズをとってもらいました。電車のなかで多く見られるポーズです。
全員の作品が画面一杯に構成され、のびのびとバランス良く描けています。(建脇 勉)


人物画研究会

第44回 人物画研究会報告(クロッキー・9月)

人物画研究会は2008年4月に東陽町の日立物流のクラブで開設され4年半の学習を続けてきました。また今年の8月に近くのより広いビルに移る機会があり、今後は技術指導者を置き、より学習成果を上げてゆく所存です。

期 期 間      開催数 運営 記録 技術指導
-----------------------------------------------------
Ⅰ 2008/4~2012/3  37回 松永 松永 松永
Ⅱ 2012/4~2012/9  6回 毛利 松永 毛利
Ⅲ 2012/10~    2年間 毛利 松永 建脇
-----------------------------------------------------
下記にアトリエの一部を示しますが、現在まだ数名の余裕があります。参加ご希望の方は毛利まで連絡をください。

□9月のクロッキー作品

人物画研究会

□ 10月の固定モデル完成場面

人物画研究会

第41回 人物画研究会(6月分 クロッキー)

暑中お見舞い申し上げます。オリンピック開催で連日深夜までテレビ観戦で睡眠不足でした。
日立OB美術会の会員諸氏に「人物画研究会」のご案内を致します。
月例の「人物画研究会」では、同一モデルを3ケ月3回(毎月1回/約 3時間)画きます。その内容は「クロッキー」1回と「固定ポーズ」2回(水彩画/パステル画等。油 彩は不可)を画き、デッサン力の向上と彩色表現技法の研究を楽しんでおります。
クロッキーは、毎回14~15ポーズを画きますので、表現力の向上が顕著です。
今回添付のクロッキーの写真は、第41回人物画研究会の参加会員の作品9点です。

人物画研究会

第39・40回 4月19日、5月17日 開催の感想

4月、5月の2回で立ポーズのヌードを固定ポーズで描きました。
プロポーションの美しいモデルさんで、全員、個性的な作品が制作出来ました。(毛利)


人物画研究会

第38回人物画研究会報告

比較的変化に富んだポーズのクロッキーに取り組んで絵画構成応用力が増した。
3月より新しい部屋に移転し、5人増の広さになり増員機会が増えた。(担当:毛利嘉男)


人物画研究会

第36・37回人物画研究会報告

1月、2月の2回で固定ポーズに取り組んだ。参加者の力が着々と上がっていくのは世話人としては嬉しい限りである。  (松永)


人物画研究会

→2011年度バックナンバー(第31回~第35回)
→2010年度バックナンバー(第19回~第30回)
→2009年度バックナンバー(第11回~第18回)
→2008年度バックナンバー (第1回~第10回)